オリックス銀行カードローンの保証会社と審査

MENU

自営業者や経営者のキャッシング

個人向けキャッシングの利用目的は人それぞれであり、事業費を捻出するために利用している個人事業主や中小企業の経営者もよく見られます。お金を借りるためには安定した収入が条件となるので、その条件を満たしていれば自営業者や経営者でもお金を借りることができます。

 

ただし、個人向けサービスの場合には何かと制約が多いのも事実です。たとえば、利用限度額の問題です。事業費として使うお金は個人の生活費などと比べると金額が大きく、場合によっては利用限度額いっぱいまで借りてもお金が不足してしまうという可能性があります。

 

また、業者によっては個人向けキャッシングで借りたお金を事業費として使うこと自体禁止しているところもあります。ですから、事業費を捻出したい場合には、できれば法人用サービスやビジネスローンを利用するのがオススメです。

 

法人向けサービスは個人向けサービスに比べて利用限度額が大きさだけでなく、金利も優遇されています。まとまった金額を借りる場合には利息の支払いも増えてしまうので、金利が安い法人向けサービスのほうが返済総額を大きく減らすことができます。

 

ただし、ビジネスローンの場合には担保や保証人が必要になる場合も多いので、そういった意味では担保・保証人が必要ない個人向けサービスを利用したいという人もいるでしょう。ですから、それほど多くの金額が必要ない場合には個人向けサービスを利用するという選択肢もあります。