オリックス銀行カードローンの保証会社と審査

MENU

時間の節約で利息負担を軽減できる

利息負担を減らしたいと思うのなら低金利で契約をすること、これはよく言われることですよね。しかし、低金利で契約したいと思っても自分の意志を通せるわけではないので、人によっては低金利で契約することが難しいのが現状です。

 

そこで、仮に高めの金利でキャッシング契約をすることになっても、利息負担を軽減できる方法を学びましょう。

 

重要とされるのは時間です。ここで言う時間とは返済期間のことで、要するに返済期間を短縮することで利息負担を最低限に抑えることができるということになるのです。

 

返済期間を調整して利息を減らす努力をする

例えば、1万円を年利20.0%で借りている場合、30日後に返済をすれば利息は164円ですので返済総額は10,146円です。もし10日後に返済するとしたら利息は54円ですので返済総額は10,054円となり、約100円の利息軽減となるのが分かりますね。

 

さらに1万円を年利15.0%の低年利で借りたとしても30日後に返済をするのなら利息は123円、よって返済総額は10,123円となり、1万円を年利20%で借りて10日で返済するよりも利息負担が大きくなってしまいます。いくら低金利で借りていても返済が遅れれば利息負担は伸びますので、それよりも早めに返済をしていく方がお得になることもあります。

 

また、ボーナス返済も視野に入れて元金を早めに返済をしていくことで、より利息負担は軽減できるでしょう。