オリックス銀行カードローンの保証会社と審査

MENU

税金を減らして無駄な払いを抑える

税金にはな種類があります。例えば所得税、固定資産税、自動車税などがあります。これらの税金は方法を使う事によって減額することができるのです。

 

所得税の場合、みなさんは年末調整書類を会社に提出しますがその意味をきちんと理解していますか?年末調整書はその年の所得に対して払うべき税金が決定される重要な書類です。

 

例えば、生命保険、個人年金保険、地震保険に入っている場合に確定申告書に記載すれば税金が減額されます。さらに住宅ローン減税というものがあります。

 

これもやはり年末調整に行うもので「住宅ローン残高×1%」が税金控除されるシステムです。さらに寄付金控除などもあります。最近ではふるさと納税と呼ばれていますね。これは「寄付した金額-2000円」が最終税額から引くことができます。

 

固定清算税に対する税金の減額

次に固定資産税について考えてみましょう。固定資産税も場合によっては減額できることをご存知ですか?例えば、新築を建てた住居が長期優良住宅(平成21年6月4日以降に認定)に認定された場合に、

 

大幅な軽減措置があります。他にも耐震改修・バリアフリー改修・省エネ改修などが軽減対象になります。詳しくは国税局のHPを確認ください。

 

さらに自動車税の場合、排気量によって掛かる税金が変わることは知っていると思います。普通車よりも軽自動車の方がずっと税金が安くなります。このように知っているかどうか、また知っていてもそれを有効に活用できているかが税金を下げるポイントになります。