オリックス銀行カードローンの保証会社と審査

MENU

そもそもお金ってなんだろう?

少し難しいですが、経済学ではお金は(1)「価値の尺度」(2)「価値の保存」(3)「交換の手段」という三つの機能を持っているものと定義されます。この三つの機能について考えてみましょう。

 

価値の尺度

物の値段を測る尺度としての機能をさします。例えばAが100円、Bが200円ならば、AよりもBの方が高いと判断できます。これは物の価値を判断する尺度としての機能です。

 

価値の保存

一万円札は古くなってもやはり一万円の価値があります。このように時間が経っても価値が関わらない機能を指します。モノの場合では腐ってしまうと価値が低減すると考えればわかり易いでしょう。

 

交換の手段

Aさんはリンゴを作っており、スイカが欲しい。Bさんはスイカを作っており、メロンが欲しいと考えているとします。この時、物々交換ではAさんBさんの間で取引ができません (Bさんはりんごが欲しくない為)。

 

このように物々交換では様々な制約が設けられ、経済が潤滑に回りません。ここでお金と言う共通の価値を持つ媒体を使うことで、Aさんはりんごを売って市場からお金を得て、Bさんからスイカを買う、BさんはAさんからもらったお金を介して市場からメロンを買うという行為が可能になります。この様にお金は市場が潤滑に回るようにする機能があります。

 

お金との付き合い方も考えてみる

話は少し難しくなりましたが、お金は所詮人間が上記3つを成すために作り上げた人工物です。たかだか紙切れに1万円と書いてあるだけでそれを欲しいと思う人は大勢いるでしょう。

 

そして欲している人が多い為に、お金は様々なトラブルの原因になります。今後はこのお金についてどうしたら上手く付き合えるか様々な角度から考えてみましょう。