オリックス銀行カードローンの保証会社と審査

MENU

変動費を下げればお金に余裕が生まれる

家庭の変動費 (これは家庭で掛かる額が毎月変動するもの)の低減方法について考えてみましょう。家庭の変動費として代表的なものは外食費、交際費、ガソリン代などが上げられます。ここは工夫次第で大きく減らせます。頑張ればゼロ円に近づけることも可能です。

 

外食費はなるべくなら抑えたい

まず外食費です。外食は主婦にとっては楽ですし、子供にとっては楽しみでもあります。外食費は外に食べに行くだけでなく、お弁当を買ってきたり、惣菜等買ってきたりすることも含みます。

 

もちろんスターバックスでコーヒーを飲むことは当然含みますが、自動販売機でジュースを買うこともここに含めて良いと思います。外食費の基本はしなくても問題ないことが最大のポイントです。

 

主婦だってたまには休みたい、子供だって楽しみにしていることは重々承知の上です。それならば、夫が週末は食事を作ってみてはどうでしょうか?また、子供を普段行けないような所に連れて行ってみてはどうでしょうか。外食は基本的には快楽を得るために行います。つまり、その快楽の方法を別の手段(夫のがんばり等)で埋め合わせするのです。

 

次に交際費です。必要最低限の出費は惜しんではいけません。ですが、ママ友との約束という名目で過剰な回数ランチに行ったり、余計な買い物をしていませんか?

 

ケチと見られることは辛いものですが、大切にするべきは家族の生活です。生活が破綻するような友達づきあいは決してしてはなりません。

 

究極の選択か現実的な削減か

最後にガソリン代です。これは究極には車を持たなければ解決でいます。首都圏や地方都市に住んでいる方は車の所有を放棄しましょう。ガソリン代だけでなく様々な経費を浮かすことができます。

 

どうしても必要な場合は軽自動車で燃費の良い車を保有しましょう。小回りもきくし、維持費もずっと安くあげることができます。

 

変動費の場合は、基本的に外出を控えることが一番の方法です。見るから欲しくなる、食べたくなるのです。我慢しすぎは別の問題がありますが、家で楽しめるお金の掛かりにくい楽しいを見つけてはどうでしょうか?

 

そうすればその趣味が快楽となって、様々なことを我慢できるはずです。